新着情報一覧
  1. 安曇野・白馬2泊3日の旅

    安曇野の友人の別荘にお泊りさせて頂きながら、楽しい2泊3日の旅でした。

    長野と言えばお蕎麦!頂きましたよ!美味しかった。有名なお蕎麦屋さんらしい。

     

    ①1437398637131 ①DSC_1067

     

    松本城

    天守閣まで登って、次の日、筋肉痛と言っていた人もいます。

    すごく急で上るのも下るのも一苦労でした。

     

    ①1437398642252 ①1437398641794

     

    ディナーは美味しいイタリアンで。

     

    ①1437521923062

     

    いわさきちひろ美術館。

     

    ②DSC_1083 ②DSC_1087

     

    ②1437521939013

     

     

     

    白馬 ゆり園

    百合はすごくキレイでした。

     

    ②DSC_1102 ②1437278905507

     

    ②DSC_1093 ②1437398631578

     

     

    ②1437278944342 ②1437278976643

     

    ボスコと言うペンションでディナー。

    ②DSC_1108 

     DSC_1111

     

    フォーエバーの安曇野営業所にもお邪魔しました。

     

    ①1437278997270 ①89249

     

    こんな楽しい旅を企画して下さった友人たちに心から感謝です。

    本当にありがとうごさいました。

     

     

     

     

     

     

  2. アロエベラフォーラムに参加して

    アロエベラフォーラムに参加しました。

    奇跡の植物と呼ばれるアロエベラ。

    アロエベラ研究の一人者、薬学博士の「八木晟先生」を

    はじめ、沢山のスペシャリストの方々の貴重なお話を

    伺いました。

    認知症学会の専門医、東洋医学からの視点で管理栄養士、

    内科医、診療科の先生などそれぞれの立場、視点でアロエ

    ベラの必要性をお話下さいました。

    現代人には、避けて通れない症状が沢山あります。

    アロエには善玉菌の栄養となるものが充分含まれていて、

    腸内細菌を育てるためにも役立っているのです。

    様々な症状、理由から、健康・エイジングケア、ダイエット

    のみならず、運動選手やお相撲さん特にアスリートに愛飲さ

    れているということです。

     

     

    DSC_1027       DSC_1029

     

    ハッピーガーデン川口元郷

    中村眞知子

    048-229-4304

  3. 半年に一度の大祓

    半年に一度の大祓。

    近くの氷川神社です。

    茅の輪くくりをしています。

     

    DSC_0997

     

     

     

    DSC_0995

  4. 健康ミニ知識6回目 身体に良い油・悪い油

    体に良い油・悪い油

     
    健康や、美容に気を使う方は「油」と聞くとイメージ的に全て悪者のようにとらえがちですが、脂質はその摂り方で結果の良しあしが分かれてしまいます。 摂りすぎはMGですが、適量を摂らなければ体の様々な機能に影響を及ぼします。 全ての油を避けるのではなく、質の良い油を摂取することが大切です。(重要なのは摂取量よりその種類、質)

     

    では脂質はどんな働きをしているのでしょう。

     

    〇特に大事なのは次の2点

     

    1.脂質は細胞膜の形成や、血液にとって大事な材料となります。

    栄養素を取り込む、老廃物を排出する、細菌やウイルスの侵入を防ぐ、細胞同士の情報の伝達、ホルモン物質の材料になるなど、基礎となる働きをしています。

     

    2.エネルギー源として働く

    先に使わるるのが糖質ですが、糖質が無くなってくると脂質からエネルギーを使うようになります。脂質は糖質の2倍のエネルギーを放出するので、効率の良いエネルギー源です。

    他にも、熱の発散を防いて体温を保つ、太陽の光を利用してビタミンDを合成したり、脂溶性のビタミンの(AEDK)吸収を助けます。肌や髪を健康に保つなど。  

     

    表 (2)   表 (1)

    〇脂質を摂りすぎるとなぜ悪い?

    コレステロールはないと生きていけないが、エネルギーとして使わなかったものは体内に脂肪として残って肥満の原因になったり、コレステロールを多く含んでいるため血管の壁に溜り血管が狭くなったり硬くなったりして、生活習慣病を誘発し、糖尿病や肝疾患、動脈硬化や心筋梗塞など深刻な病気を引き起こします。1.高血圧、高脂血症、過酸化物質などによる血管壁の内皮の障害2.体の隅々にコレステロールを運ぶ低比重リポタンパク(LDL)が白血球の一種のマクロファージに食べられ内皮に侵入

     

    3.血管壁内に大量のコレステロールが取り込まれる

     

    4.コレステロールの沈着。蓄積による血管内腔の狭まりや硬化と言う順番。

     

    動脈硬化の予防には、コレステロールを下げてLDLを増やさないようにすることが大切

     

    ※健康に注意してるからと言って、油をまったく摂らないようにすると、たんぱく質や鉄分、ビタミンの不足を招いたりするので、摂取量を考えながら上手に取り入れる行くと良いでしょう。

    飽和脂肪酸や、トランス脂肪酸を控え、オメガ3、9など

    上質な油を摂るように心がけると、美容・健康に繋がります。

     

    ハッピーガーデン川口元郷

    中村真知子